光 毛穴 対策

MENU

 

美容関係のクリニックなどで採用されている治療方法に、「IPL治療」というのがあります。

 

「IPL」とは「Intense Pulsed Light (インテンス・パルス・ライト)」の略です。あえて訳すと「強烈で瞬間的な光」という意味です。

 

あまり理解していない人がサイトを立ち上げて、説明していることがあります。「IPLというレーザー光を皮膚に照射して、お肌をキレイにする美容治療法です」といった具合です。

 

確かに、「レーザー光」を利用して、美肌や美白に役立てる美容治療もあります。が、それは別物です。「レーザー治療」という名前になっているはずです。

 

レーザー治療の場合の多くは、お肌の中に存在し、シミやそばかすの色の本体となっているメラニンを焼いて消滅させてしまいます。

 

レーザーの機器は特定の波長のみを発生させることができます。お肌の表面はすり抜け、メラニンだけが受け止めてしまうように光を調整することも可能なのです。

 

「IPL」といったときは「可視光」を使います。読んで字のごとく、目に見える波長の光が主になっています。また、特定の光だけを正確に作ることはできないので、様々な性質や波長のものが入り交じっています。

 

このIPLの光をお肌にあてると、メラニンも反応し、熱を持ちます。が、いろいろ入り交じっている分ほかの影響も与えるのです。これが、お肌の細胞への刺激となり、新陳代謝が活発化したり、コラーゲンなどの美肌成分が盛んに生成されるようになります。

 

これがシミ、ソバカス、ニキビなどの治療につながる、というわけです。毛穴治療もそのうちのひとつです。

 

光で毛穴をきれいにできる?関連ページ

毛穴吸引器のメリット